車を売る場合に買取と下取りを選ぶなら、高く売ることを狙うなら買取です。

下取りは買取よりも安価に手放すことになる可能性が高いです。下取りの場合、評価されない部分が買取なら評価されることも多いです。特に事故者を売却する場合は、下取りの場合評価が非常に低く、廃車費用を負担しなければならないこともあります。
高価買取してもらうためには、複数の車買取業者に査定してもらうのが最も良い方法です。車買取業者によって得意とする車種やメーカーなどがあり、買取価格が大聴く変わることもあります。

いくつもの業者に査定して貰えば、、どこの業者がより高額で買い取ってくれるのかがわかるので、要望価格を提示しやすくなるはずです。

交渉が不得意な方は得意な友人にともに交渉してもらうといいですね。車の査定をうけることになって、その前に、車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと判断に迷うこともあるでしょう。 傷については、自分で直せる程度の小さなものなら、直して査定のマイナス要因を消しておくのが良いのですが、お金を使って修理に出すのはおすすめしません。

どうしてかというと修理して査定額が上がっ立としてもまず修理代の方が高くなるためで、ですから大きめの傷は修理しようとしないで現状のままあまり気にせず査定をうけてしまいましょう。
持ちろん、事故車であっても査定を申し込むことは可能ですが、査定の額は低くなるでしょう。しかし、事故にあったことを隠してもプロである査定員は事故車と分かってしまうので、マイナスのイメージになるでしょう。 事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故車専門で行っている中古車買取会社に査定を頼むと良いでしょう。
その方がより高い査定金額を提示されるはずです。出張買取を申し込んだとしても、絶対に車を売却する必要性は存在しません。

満足できる買取価格でなければ拒否することもできるのです。

車買取業者の中には、売買成立まで居座ったり、出張費用や査定費用などを請求する場合もあるので、注意しましょう。

先に口コミのサイト等をチェックしてから出張買取の申込をしたほウガイいと思います。